« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

いただきもの

ありがたいことに、最近、いろんなものを頂いています。
家に居ながらにして、各地の味を楽しんでいます。

Imgp7776
猪肉。相方のお父さんが兵庫の山で獲ってこられたもの。

Imgp7774
これまた、相方の妹さんのご主人の実家がしいたけ栽培されています。
若狭へ行った時に頂きました。猪肉とあわせてぼたん鍋してみたいところ。

Imgp7779

伯父から頂いた高知みやげ。ご飯がすすみます。

Imgp7777
職場で頂きました。知多半島に「えびせんべいの里」なるものがあるそう。
中部国際空港・セントレアにも出店されていて、美味いです。

Imgp7750
そして、これも職場にて誕生日プレゼントで頂きました。
辛口ジンジャーエール。これを飲んだら、他のものは物足りなくなります。
このチョイスはお見事でした。

遅ればせながら、誕生日祝い頂いたみなさま、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の若狭へ

Imgp7754
滋賀・福井県境をバスで越え、相方の妹さん家族に会いに、若狭へ。

Imgp7757
滋賀県も北の方は雪が積もっていましたが、琵琶湖が近いので湿った感じ。
山間へ入って行くと、乾いた雪になって、どんどん降り積もっています。

小浜駅でバスから列車へ乗り継ぐ時間を使って、昼食。
観光案内所で教えてもらった、小さな食堂。
ガイドブックには絶対載らなさそう、旅行者がふらりと立ち寄る感じのない、
地元のお店で頂いた定食。

Imgp7758
脂の乗った焼き鯖に刺身、すましにも鱈が入っており、さすがは日本海側。

写真こそ撮っていませんが、
食堂のお嫁さんのちっちゃな子がとても可愛かったです。

数時間の滞在後、帰路は敦賀経由。
敦賀といえば「ソースカツ丼」が外せませんが、あいにく定休日。
お昼に続き、ブリのお刺身を頂き、お魚づくしの一日でした。

Imgp7768
寒い風景の冬の若狭路でしたが、お腹と気持ちはとてもあったかく。
これで温泉もあれば最高でしたが、それはまた次回のお楽しみということで。

Imgp7760
Imgp7761

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の若い子と旅

「最近の若いモンは・・・」というフレーズを使うほどではないのですが、
もう僕も大台が見えて来てますし、相方とも
「30代はともかく、それ以上になると若者の部類には入らないわね~」と話しつつ…

仕事柄、職場にはスタッフ・ボランティア含め年下が多いのですが、
みんなすごくマジメだなぁという気がします。
もっとも一概に言えるものではないのですが、
先日も旅の発表会なるイベントがあって、
海外留学を経て、観光学科で勉強中の学生さんとか、
ちゃんと将来につながるようなことをしているんだと感心してしまいます。

一方で、何か「おさまってる」感じを受けます。

もちろん将来を見据えて何かをすることは大事ですし、
不況の現在において、
早いうちから生きていく術を身につけなくては、という危機感も分かります。

ただ僕自身も学校を出た時は、既にバブルが弾けていましたし、
学部柄、公務員になった友達も多いです。
僕はというと、演劇にうつつを抜かし、旅にうつつを抜かし、
30歳目前に5年間勤めた会社も辞めて、1年間海外をふらふらしてみたり、
まぁ今もふらふらしてますが…

小銭が貯まれば旅に出てしまうのは中毒のようなもので、
旅は逃避だし、ひとり身の時なんて、やはりドミトリーの宿に泊まれば、
女の子と知り合いになれたりするし…
旅する動機って、もっと不純なものだった気がします。

20代くらいは、無茶したり、適当だったりで良いのでは。
人に迷惑かけない程度で。
そんな中で、何とかする力がついたり、何とかなっていくものかなと。

お気楽な考え方ですし、そうして来れた状況には感謝しつつ、
一概に言えるものではないのですが、
まぁこんな考えもあるということで、聞き流してもらえれば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

めずらしく物欲

基本的に物欲がなく、買い物が嫌い。
物や服をたくさん欲しいとは思わない。必要な分だけあれば良い。
(ちなみに洗濯のサイクルが狂うと、時々着るものがなくなります…)
そんな僕が珍しく物欲を発揮し、購入。

Imgp7739

ロンドン地下鉄のマグカップは職場用、ノートは日記用です。

日記は2002年9月からつけ始めて、今年で10年!
日記専用のものではなく、あくまで普通のノートが書きやすく、何冊目になるやら。
時には100均のものを使うときもありましたが、
ちょっと良いノートにすると、少し気合いが入ります。
(ちなみに2002年9月というのは、
20代最後で、5年間勤めていた会社を辞めて、旅に出た日です)

マグもやはり良いもの、お気に入りのものを使うと、おいしい気がします。
もっとも仕事が捗るかどうかは別ですが…

いずれにせよ豊かな気分、毎日が旅気分にはなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜行列車全廃

Imgp7602


3月のダイヤ改正で、大阪~青森間の寝台特急「日本海」、

大阪~新潟間の夜行列車「きたぐに」が廃止されます。

残る「トワイライト・エクスプレス」は運転回数こそ多くても、基本は臨時列車扱い。

これで関西圏始発の定期夜行列車は全廃。何ともさみしい話です。

これから、さよなら乗車の鉄道ファンが詰め掛けるんでしょうが、

僕はなくなるから乗りに行くというのが好きじゃなく、

だったらもっと普段から使うべき、使うような模索が出来たのではと思うのです。


時間と料金を比較すれば、飛行機や高速バスに劣ってしまうのですが、

鉄道の安心感、夜行列車の旅情は他とは比べものにならないはず。

また地方の時代と言われる今、沿線の町との取り組みもあったと思うんですが。


アメリカ大陸の横断鉄道・アムトラックは、展望車や食堂車があり、

途中駅で観光ツアーもあったりします。

2~3時間の遅れはへっちゃらで、単に移動だけなら国内線の飛行機が充実しており、

あえて時間のかかる列車に乗ること自体を、乗客は楽しんでいます。


日本とアメリカという環境の違いはもちろんありますが、

「トワイライト・エクスプレス」もまた、乗ること自体が目的になっています。


「日本海」「きたぐに」も臨時でも良いので、

夜行列車の旅の楽しみ・醍醐味を味わえる機会として残り、

その良さが伝わって行けばと願うものです。


Imgp7600

Imgp7732

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相生でカキを食らうの巻

年末に体調を崩したせいで、遠出は控えて、近場の旅に切り替え。
相方の実家に程近い、相生へ。

Imgp7715
市場では獲れたてのカキを…

Imgp7709
その場でバーベキュー。炭火で焼いて食べれます。
焼き加減は、ちゃんと市場の方が調整してくれます。
何も味付けしなくても良いくらい、塩味が効いていて、美味です。

Imgp7710
焼きアナゴ丼と、サーモンといくらの海鮮親子丼と共に。
みそ汁はワタリガニで、だしが取られていました。

「相生」という場所は、新幹線の駅があるものの小さいし、
山陽線と分岐して、赤穂まで行けば忠臣蔵ゆかりの場所があるものの、
目立たない存在でした。

しかし、どうしてどうして。水産物の豊かなこと。これだけで、十分に人が呼べます。
この日も、正月過ぎの平日の割には、結構お客さんが来ていました。

近場で知らないだけで、まだまだ魅力的な場所はたくさんあるものです。

Imgp7716


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまたまの満月

Imgp7730
買い物帰り、ふと見上げるとぽっかり浮かんだ満月。
タワーとの対比がきれいで、他にも写メを撮っている人がいました。

京都の街中では分かりづらいですが、
滋賀の家の付近では、さらに月明かりがきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨年後半はヨーロッパ旅行後、引っ越しのバタバタ、ネットの不具合に加えて、
年の瀬に風邪を引いてしまい、声が出なくなってしまいました。
宿泊業で声が出ないと本当にツラく、フロントにも立てず、電話も出れず…
年が明けて10日近く、ようやく元の状態に戻って来ました。

さて滋賀へ引っ越したということもあって、初詣は近江神宮へ。
意外と大きな境内に新鮮さを感じつつ、おみくじを引けば、
「不安定なことが多い、無理して大きなことには手を出さず、小さな問題から解決を」
と、何か言い当てられた気がしました。

境内のお店で頂いた「そばがきぜんざい」。
お餅ではなく、そばがきを使っており、歯ごたえはソフト。
そばは会津のものということで、昨年二度も訪れた場所に縁を感じました。

…というところで、「神社」の写真も「ぜんざい」の写真もないのは、
別の日に撮ったものと一緒に、誤ってメモリから消してしまったのです…
どうにもまだ調子に乗れない年明けです。

まぁ焦らず、ゆっくりと上がって行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »