« 鉄ちゃん旅行、再び | トップページ | 最近のハマリもの »

旅のスタイル

最近の若い子は旅をしなくなった…
職場に居て、時々そんなことを感じますが、
統計的には決してそうでもなく、
若者の絶対数が減っているので、そういう風に見えるようです。

一方で、旅のスタイルが大きく変わって来ています。
だから、上の世代の人間に言わせれば、
「それは旅とは言わない」「そんな旅は面白くない」、
「旅はかくあるべき」となり、概してやはり旅しなくなったと映るのかも。

しかしじゃあ、自分がどのような旅をしてきたかというと、何も誇れるものではなく、
むしろ反省や失敗ばかり。またその時々によって、考え方も随分変わってきました。
それでも「旅は良いもの」、時間をかけてお金をかけてでもするべきと思うし、
そこまで思えるからこそ、仕事にまでしているわけです。

ところが、この「旅は良いもの」という価値観すら絶対ではないというのを、
とある新聞記事で読みました。旅に替わる楽しみは他にも山とあって、
その中で、どのような競争力を持つか。それが現在の課題だと。

旅に関わる仕事、旅人を迎える宿に関わる身として、
自分たちはどうあるべきかと考えることが多いです。
若い世代の旅の志向を知りたいと常々思います。
迎合するわけではありませんが、やはり現場の空気・ニュアンスを感じないと。
現実を知ることが大事で、その中で、自身の「旅は良いもの」という思いと
接点を見出していかなければいけないのかと、そんなことを日々思っています。

|

« 鉄ちゃん旅行、再び | トップページ | 最近のハマリもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351824/44428858

この記事へのトラックバック一覧です: 旅のスタイル:

« 鉄ちゃん旅行、再び | トップページ | 最近のハマリもの »