« 「原点」への旅 | トップページ | 日本最長距離鈍行列車で過ごす日 »

急行「最終」列車

 10月の平日にして、夜の青森駅は「同業者」で溢れていました。

Dscn3177

 22時18分発、札幌行き「はまなす」号。今やJRの定期列車で唯一の「急行」。
そして、来春の北海道新幹線開業に合わせ廃止される、まさに「最終」列車です。
B寝台車、指定・自由の座席車、船の桟敷席のようなカーペット車という、
豊富な車両をつないだ編成も希少です。

 僕が初めて北海道を旅したのは、青函トンネルが開通して間もない頃。
行きは上野発の夜行列車で青森に着き、快速「海峡」号で函館へ。
帰りは、偶然キャンセルで空きが出た、寝台特急「北斗星」を奮発。
その後、大阪発の「トワイライトエクスプレス」が登場するなど、
北海道行きを彩った列車が、今や全てなくなってしまったのは、時の流れです。

   Dscn3180  Dscn3182

 さて、通常2両の「はまなす」のB寝台車は1両増結され、座席車より混んでいる感じ。
その増結車の下段寝台におさまったものの、実は少し紆余曲折がありました。
 というのも、今回の寝台券はJR西日本の電話予約で購入。実際の切符は、
西日本管内の「みどりの窓口」もしくは「みどりの券売機」で引き取らなければいけない
のですが、うっかり忘れて、伊丹空港まで行ってしまいました。
 青森行き飛行機の出発まで時間がなく、とにかく青森へ着いて、駅の窓口で相談。
やはり、西日本の電話センターで一旦キャンセルし、窓口で新たに購入することに。
キャンセル料は致し方なく、ただ同業者の多いことで、
その時間差で、同じ席を他の人に取られてしまう可能性があります。
 満席ではないものの、その場合、上段寝台になるのも致し方なく…と思っていると、
僕が西日本に電話をしている傍らで、窓口の方が即座に席をキープしてくれました。
その素早い対応に感激し、無事、青森を出発することになったのです。

   Dscn3185   Dscn3187        

 夜の闇を1時間ほど走り、いくつか小さなトンネルを抜け、
列車がサーッと滑るような音に変わると、青函トンネルです。
津軽海峡の真下を通り、50kmを越える世界最長トンネルは、改めてすごいと思います。
 車窓を楽しむことはありませんが、トンネルの見学用に使われていた、
青森側の竜飛海底駅・函館側の吉岡海底駅の長いホームが見てとれました。

Dscn3190

 やがて列車の走行音が元に戻り、北海道上陸。
 午前1時前、函館着。機関車の付け替え・進行方向の転換等で、長時分停車。
せっかくなので、ホームに出てみれば、深夜にも関わらず、同業者が行ったり来たり。
 先頭は青色のディーゼル機関車になり、客車の色と統一。
堂々とした「ブルートレイン」編成です。

   Dscn3196  Dscn3200

 函館発1時23分、再び夜の闇に吸い込まれて行きます。
そろそろ、ちゃんと寝ようと横になれば、
カタンカタンという列車とレールの軽やかな響きが、とても心地良いものでした。

Dscn3203
 北の大地の少し早い夜明け。夜と朝の境目を見れるのは、夜行列車の醍醐味。
「まもなく南千歳です」、とおはよう放送が流れました。
 温かいお湯も出る洗面台で身支度を整えているうちに、列車は札幌近郊へ。
背後の山の頂きには雪が積もっています。

   Dscn3208  Dscn3215

 定刻午前6時7分、札幌着。まだまだ乗っていたい気持ちを引きずりながら、
ホームに降りると、吐く息が白かったです。
 隣のホームからは、既に通勤時間帯の喧騒が聞こえる中、
「最終」列車のもとを去りがたく、車庫に回送されるまで見送ったことでした。

   Dscn3216  Dscn3223

|

« 「原点」への旅 | トップページ | 日本最長距離鈍行列車で過ごす日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351824/62111315

この記事へのトラックバック一覧です: 急行「最終」列車:

« 「原点」への旅 | トップページ | 日本最長距離鈍行列車で過ごす日 »